なぜカタカナ表記の駅名が増えている?理由!ユニーク駅名3選

駅

スポンサーリンク

普段何気なく使用している全国各地の駅
ふと、この駅なんでこんな駅名なんだろうと
疑問に思う様な駅名もありますね。

最近ではカタカナの混じった駅名も増え始めています。

なぜカタカナ入りの駅名が増えてきているのか
その理由と、全国に存在するカタカナ表記入りの
ユニークな駅名について調べてみました。

カタカナ入り駅名が増えている理由!

「天王寺アイル」、「高輪ゲートウェイ」など
カタカナ表記の駅名が増えていることが今話題になっています。

昔は、駅といえば地名の漢字という認識でした。
が、今では自分の周りにもカタカナの駅名が
いくつもあることに驚きました。

なぜ、カタカナ表記を含む駅名が増えてきているのか
そしてそれが採用される理由(目的)が2つありました。

目的は『地域活性化』と『分かりやすさ』

「地域活性化」

地域のコンセプトやイメージとなるものを
今後の発展にむけて駅名にも起用している傾向である。

また、高度経済成長期から、開発した沿線住宅地のイメージアップにつながる
命名が増えました。新たな街ぐるみのブランド化も
経済的な戦略の1つと言えるでしょう。

代表的な駅として田園都市線「たまプラーザ駅」京王線「つつじケ丘駅」
があげられます。

「分かりやすさ」

近年は特に、地名や駅名の命名に「わかりやすさ」
が非常に重要視されています。

例えるなら、東京メトロが名付けた「虎ノ門ヒルズ」は、
森ビルが運営するビル名がそのままつけられた。

利用者からは明確でわかりやすく、
街と一体となった新しい駅に相応しい駅名だ

などの声が上がっており、狙い通り地域のシンボルを
冠したカタカナ駅名は受け入れられている。

ユニーク駅名3選

さてここからは、”えっ!こんな駅名が存在するの”
全国にはユニークな駅名が多数ありました。
その中から独断で選びました、3つユニークな駅名を紹介します。

「南町田グランベリーパーク駅」

田園都市線(東京都町田市)
2019年に元の南町田駅から改称
南町田グランベリーパーク駅

17年間地域で親しまれ、一時閉館した
「グランベリーモール」の「グランベリー」と
買いものだけでなく「体 験」や「発見」の場となり
地域の人、来街者に驚きや感動を提供を目的とし「パーク」
が掛け合わされた。

自然とにぎわいが融合する新しいまちの拠点としたい
という想いを込めて、この駅名が名付けました。

「オレンジタウン駅」

JR高徳線(香川県さぬき市)
オレンジタウン駅住宅団地「オレンジタウン」の建設に伴い、
連動して開業した駅です。

四国の温暖な気候と、オレンジという色の暖かさを
イメージしたことから名付けられました。
特急「うずしお」も停車する高徳線の主要駅となっている。

「スクリーン駅」

近江鉄道多賀線(滋賀県彦根市)
スクリーン駅
大日本スクリーン製造(現在のSCREENホールディングス)の
彦根事業所の敷地内に存在し、
同社の従業員の通勤の利便性を図るため
企業が費用を負担して、誕生したオリジナルの駅です。

番外編

最後に、カタカナ表記ではないのですが
アツファベット+漢字表記の駅名もありました。
こちらもとても斬新な駅名でしたので追記いたしました。
その名も!
YRP野比駅

「YRP野比駅(わいあーるぴーのび)」
京急久里浜線(神奈川県横須賀市)

こちらの駅名は駅近くの「横須賀リサーチパーク」
から由来しています。

「Yokosuka Research Park」、略して「YRP」となり、
YRP野比駅の北西方向にそう呼ばれるエリアが広がります。
エリア内には「YRP」を冠した建物が集中しており駅名にも採用されました。

【まとめ】

カタカナ表記の駅名が増えている理由について
利用者からより分かりやすく、街の進化に伴い
駅名も一緒に変化を遂げている様が見えてきました。

全国様々な駅名が存在しますが、地域の人に愛され
親しみを持ってもらえる駅名であることが大切だと思いました。

駅名の由来を知るとなんだか地名がそのまま駅名になっているものよりも
愛着がわきますね。

また商業施設名がそのまま駅名になることは、
他の地域から訪れた人からすると、融通がいいです。

今後も駅名の改称や新しい駅に伴い、画期的な駅名が誕生していくのも
楽しみですね。

読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です