女子相撲の今日和のプロフィールを紹介!映画に出演していた?

まだ知名度は高くありませんが、相撲界のレジェンドを発見しました。

今回注目したのが、女子力士の今日和(こんひより)さんです!

あまりメディアでは紹介されていませんでしてたが、今日和さんはイギリスBBCの『100 Women(今年の女性100人)』で2019年に選ばれていました。

そんな偉大なる今日和さんはどんな女性なのか、徹底調査しまして彼女についてお届けします!!

女子相撲の今日和どんな人?

今日和さんは現在、実業団のアイシン精機相撲部で活躍している女子相撲力士です!

相撲を始めたきっかけ

小さい頃から相撲と共に成長し、国内では敵なしの女子相撲界のレジェンド的存在。

小学1年生の頃、既にも相撲を始めていた兄の影響で相撲を始めたところから、今日和さんの相撲人生が始まった。

始めた当初は、稽古が辛く辞めたいと思っていた。

相撲が盛んな地域にいた今日和さん、相撲を続けていくうちにどんどんのめり込むようになりました。

相撲の成績

2014年、2015年
18歳以下の女性選手が出場する世界女子ジュニア選手権大会
重量級連覇

2018年、2019年
世界大会無差別級
準優勝

既に国内では敵なしの今日和さんです!

現在はジュニアからシニアに転向しています。
小学校1年生から小学3年生までは男子相手でも負け知らずで数々の賞を小さい頃に受賞してきました。

今日和 幼少期

『今年の女性100人』に選出

イギリスの国営放送BBCが選ぶ『今年(2019年)の女性100人』に選出された。

この『今年の女性100人』は今までテニスプレーヤーの伊達公子さん

フリーキャスターだった小林麻央さんも選ばれている。

まさに世界からも注目を集めている日本を代表する素敵な女性の1人であります!

今日和の夢

選手として稽古をする傍で、小学生の頃から「海外で相撲を広めたい、指導したい」という夢があった。

きっかけは中学生の頃に知ったJICA(国際協力機構)の存在。

高校時代には相撲を通じて、自分も何か貢献したい、海外の国々の発展に何か役立つことができれば、と考えるようになった。

立命館大学国際関係学部に入学し、異文化コミュニケーションや開発経済を学んでだ。

ゼミ合宿ではラオスに行き、現地の子供に相撲を教えていました。

今日和のプロフィールを紹介

名前:今日和(こんひより)

生年月日:1997年8月

身長:160cm

体重:100kg

出身地:青森県・鰺ヶ沢町

高校:鰺ヶ沢高等学校(青森県)・相撲部所属

大学:立命館大学・相撲部所属

好きな食べ物:プリン、日本酒、ラーメン

小柄な今日和さんは笑顔を絶やさず、津軽弁混じりがかわいい芯の強い女性という印象を受けました。

映画に出演していた?

今日和さん短編映画『Little Miss Sumo(原題)』に出演しています!

日本語でのタイトルは『相撲人』
今日和 映画

この映画は2019年にイギリス人監督マット・ケイが今日和さんに密着したドキュメンタリーで19分間の作品です。

まさしくこの映画の主演は今日和さん!その中で最も印象的だったことは・・・・・

女子相撲界にプロという階級が存在しないということ!!

現時点で、女子相撲世界にはプロという階級が存在しないため

小学生卒業を気に女子相撲を辞めてしまう子たちも多い。

映画内では、日本社会の性別問題を絶妙に捉えています。

こちらの短編映画では、敷居の高い相撲を海外の人にも訴求している作品です。

作品はNETFLIXからご覧いただけます。

NETFLIXは、こちらから進めます。

まとめ

今日和さんについて詳しく調べてみました。

女子相撲の今日和さんとは・・・

現在、アイシン精機の相撲部所属していて国内には敵なしの現役の女性力士!
2019年に今年の女性100名に選ばれ、海外に相撲を広めたい・指導したいと活躍している。

また短編映画短編映画『Little Miss Sumo』では、女性力士である今日和さんに
密着したドキュメンタリー作品に出演していました。

今日和さんは、男性に混じりながら相撲の世界で頑張っているとても素敵な女性ですね!

女性が相撲界で活躍することに私は大賛成です。日本の国技でもある相撲がこれから女性の力も加わり、発展していくことを応援しています!