【画像】住吉りをんの父親は社長!実家は金持ち!お嬢様エピソードを紹介

女子フィギュアスケート界で注目を集めている「住吉りをん」選手。

フィギュアスケートは、お金のかかるスポーツと言われています。

調べてみると、住吉りをん選手の父親は社長さんでした。

そのため、実家はお金持ち。お嬢さまエピソードも紹介していきますね!

スポンサーリンク

【画像】住吉りをんの父親は社長!

住吉りをん選手の父親は「住吉徹」さんです。(年齢は現在58歳だと思われます)

2018年TV番組の「ミライモンスター」に、出演していました^^

住吉りをん父親画像出典元:bilibili

それでは住吉りをんさんの父親について詳しくみていきましょう!

代表取締役社長だった!

住吉徹さんの名前で検索するとヒットするのが「株式会社エストムケイ」の代表取締役社長です。

住吉徹画像出典元:estchem

顔は比較すると同じなので、間違いないと思います。

父親の会社はどんな事業をしているの?

事業内容は、化学薬品や合成樹脂、電子材料の商品をアジアを中心に輸出でした。

海外に支店も!

調べていくと、なんと住吉りをん選手の父親の会社は「韓国」・「中国」にも支店があります。

これだけの規模の会社の社長さんなので、年収も少なくとも1千万円超えでしょう!

そのため、住吉りをん選手は社長令嬢です^^

住吉りをんの実家は金持ち!

大会社の社長が父親の住吉りをん選手、そのため実家は金持ちです。

住吉りをんさんの実家が金持ちとわかる理由を3つ紹介していきます。

理由①:出身校は私立

住吉りをん選手は高校は私立の「駒場学園高校」出身です。

小中学校は公立校出身だったものの、私立の高校に通いながらスケートの練習に日々励み

遠征費などを選出するのは一般家庭では難しいと思います。

まさしく、私立に通いスケートをしているなんて金持ちのお嬢さんだね〜

理由②:姉もスケートをしていた

住吉りをん選手は4歳からスケートを始めています。

始めたきっかけには、りをん選手のお姉さんが通っていいたスケート教室について行ったことでした。

つまり、りをん選手のお姉さんもスケートをしていました。

2人同時にスケート教室に通わせれるってすごいですよね!

スケート一家で有名な「本田家」は家族経営で実家がかなりの金持ちと言われています。

兄弟分のスケート費用を捻出できるのは、やはり財力があるということだと思います。

住吉りをんのお嬢様エピソードを紹介

最後に住吉りをん選手のお嬢様エピソードを、お届けします。

スケートのために引っ越し

もともと都内に住んでいましたが、スケートリンクの近くに家族で引っ越してました。

子供のスポーツ選手を持つご家族は、子供と母親だけが練習場の近くに引っ越すパターンが多い様ですが、住吉りをん選手は家族で引っ越しています。

スケートのために家族で引っ越しって、すごい!日々のスケートの出費もあるのに、財政力がないとできないですよね・・・・

バレエは専門コースに所属

住吉りをん選手は、熊川哲也主催のバレエスクール「K-BALLET SCHOOL」のフィギュアスケーター向けの専用クラスに通っていました。

熊川哲也画像出典元:k-balletschool

体幹を鍛えるコースだそうです。値段は確認できませんでしたが通常クラスの月謝が約5万円です。

それを考えると専門コースは、さらに月謝は跳ね上がるのではないでしょうか!

A
A
フィギュアスケートとバレエの併用は聞きますが、さすがセレブ熊川哲也主催のバレエスクールを選ぶというところにお嬢様を感じるのは私だけでしょうか?


以上、住吉りをんさんの父親や実家についてお届けしました。
スポンサーリンク
error: Content is protected !!