石川ケニーの父親は元野球選手!スパルタ教育エピソードや家族構成も紹介!

明秀学園日立高校の主将を務める「石川ケニー」選手!

プロ野球選手からも一目置かれている石川選手、その強さの訳は父親にありました。

実は石川ケニー選手の父親は、元野球選手でした。

この記事では、石川選手と父親についてお届けしていきます。

やはり、石川選手の強さには父親のスパルタ教育が、生かされていましたよ!

スポンサーリンク

石川ケニーの父親は元野球選手!

石川ケニー選手の父親の則良(のりき)さんは元野球選手として活躍していました。

強豪・青森山田高校、東北福祉大学で野球部だった石川選手の父親は、卒業後にハワイの独立リーグのチームに入りプレーしていました。

ちなみに東北福祉大の野球部出身というと、大魔神こと「佐々木主浩」さんや阪神の兄貴こと「金本知憲」さんが卒業生になります。

石川選手の父親の野球歴は学生時代を含めると、かなり長い期間活躍されていたと思います。

ハワイでプレイしていた時に、アメリカ人の奥さんと知り合った可能性が高そうですね^^

スポンサーリンク

石川ケニーの父親のスパルタ教育とエピソード

さて石川選手の父親は元野球選手だったということもあり、野球教育はとても熱心です。

ハワイに生まれ、小学2年生の時に日本へ移住した石川選手。

ハワイ在住の時は、サーフィンが大好きな少年でした。

日本へ移住してからは「プロ野球選手になる」を目標に掲げ、瀬谷リトルに入団し、本格的に野球を始めました。

ここから、石川選手と父親による二人三脚での野球道が始まっています。


父親の教育・指導方法がどれだけスパルタかというと、

  • 毎日約4時間、走り込みからティーバッティング。
  • 中途半端なプレーは許されない。
  • 泣きながら練習した。


2021年はけがと不調に悩んだ石川選手は自分の打撃を見失いかけた。

そんな時、父親から「相手に警戒されているだけ。焦るな」と。この的確な言葉をかけられれたのは幼少期から指導したからこそだと思います。

厳しい中にも、しっかり息子のことを把握していたに違いありませんね。

石川ケニーの家族構成

石川ケニー選手の家族構成を紹介していきます。

  • 父親:則良(のりき)
  • 母親:デニース
  • 長男:不明
  • 次男:不明
  • 三男:ケニー
  • 長女:不明
  • 次女:不明

 

石川選手は兄2人妹2人の5人兄弟です。

実はお兄さんのシェーンさん(長男か次男かは確認できませんでした)も同じ明秀学園日立高校で、野球をしていましたよ。

石川ケニーの兄も野球選手だった!

石川ケニー選手のお兄さんのシェーンさんも野球選手として活躍。

兄のシェーンさんは選手兼マネージャー兼スコアラーの1人3役をこなしていました!

石川シェーン画像出典元:高校野球ドットコム

当時、明秀学園日立高校の野球部は70人以上いたにもかかわらず、マネージャーが不在でした。

監督に選手権・マネージャーに誘われ勉強を兼ねて引き受けています。

その後お兄さんは、スコアラーとしての仕事も任されるようになりその集計データは、新聞社に提出をしていたほどなんだって。


石川兄弟は、明秀学園日立高校にとってとても大きな存在ですね。

これも元野球選手である父親がいたから、ではないでしょうか。

石川選手は、バイリンガルなので海外でも大いに活躍できるプロ野球選手になれると思います^^

スポンサーリンク

ホーム

お問い合わせフォーム

プロフィール

サイトマップ

カテゴリー

error: Content is protected !!