赤萩瞳の経歴や学歴!高校は1年で中退!21歳で編集長になった理由は?

赤荻瞳 アイキャッチ画像

人気雑誌eggの編集長、赤荻瞳さんは現在25歳です。

21歳の時に、編集長に就任しています。その若さで伝説の雑誌eggの編集長になった赤荻瞳さんは、どんな経歴を持っているのか気になりますね。

学歴を調べていると、高校は1年で中退をしていることがわかりました。中退理由にびっくりです。

赤荻瞳さんの経歴を詳しく、21歳で編集長になった理由もお届けしていきます。

スポンサーリンク

赤荻瞳の経歴

赤荻瞳 画像出典元:インスタグラム

□プロフィール
  • 名前:赤荻瞳(あかおぎ ひとみ)
  • 生年月日:1996年9月6日
  • 年齢:25歳(2021年5月現在)
  • 出身:埼玉県出身
  • 役職:egg編集長・(株)MRA代表取締役

埼玉県出身の赤荻瞳さんは、小学校4年生の頃にギャルに目覚める。

小学校6年生の頃には、ギャル服の代表であるセシル(CECIL McBEE)の服を着用することがステータスでした。

PTAからは「ギャル軍団」と言われ、ギャル街道まっしぐらで今まで突き進んで来られていましたよ。

【2012年】
高校1年生の時にギャルサークルで活動開始

【2015年】
19歳で広告制作会社に入社

【2018年】
21歳でegg編集長に就任

学歴や、編集長になるまでの経緯を詳しくお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

赤荻瞳の学歴

赤荻瞳さんの出身校を見ていきましょう。

中学校は、埼玉県の公立の学校出身とのことですが、学校名は公表されていませんでした。

小学校でギャルに目覚めた赤荻瞳さん、中学校の頃にはギャルの聖地の渋谷に埼玉から1時間かけ通っています。

そんな中、希望の高校へ進学をするため猛勉強をしました。

高校は「さいたま市大宮西高校」

赤荻瞳 画像2出典元:大宮西高校ホームページ

偏差値:56

現在は、さいたま市立大宮国際中等教育学校になっています。

偏差値は普通より少し高いけど、なんでこの学校に行ったの?


赤荻瞳さんが高校進学の時に大宮西高校を選んだ理由は、

『egg』の「かわいいギャルがいる高校ランキング」で1位になった高校だったためです!

ギャルを極めるために、ギャルが多く通う高校を選び見事合格。

ギャルに対しての憧れが、ストイックすぎますね^^

赤荻瞳さんの最終学歴は、中卒です。大学や専門学校へは進学せず、就職をしています。

スポンサーリンク

赤荻瞳は高校は1年で中退していた!

赤荻瞳さんは、高校は1年で中退しています。

高校を中退した理由は、

想像していたイメージと大きく違ったためでした。

ギャルが多く通っていてギャルをやるために選んだ高校なのに‥

  • 髪の毛は染めることができない
  • 化粧はナチュラルメイクでつけまはNG

 

など校則に縛られ、先生からも目をつけられていました。


「このままじゃ普通に終わっちゃう。3年間無駄に過ごせないな」

と思うようになりました。

ちなみに、高校を辞める決め手となったのは「修学旅行」でした。

寝坊が多くて事前学習に1回も参加してなかったことから、
修学旅行に連れて行ってもらえないことを、旅行前日に教頭から言われ、潔く1年で自主退学をしていました。

 

赤荻瞳 画像3出典元:Youtube oricon チャンネル

高校を退学してからは、みんなが大学に入る歳までは絶対に誰より遊びまくる!と決めて、渋谷でギャルサーに打ち込んでいました。

赤荻瞳が21歳で編集長になった理由は?

赤荻瞳さんが21歳の若さでeggの編集長になった理由は、

大好きだった「egg」の復活を誰よりも願っていたからです!

赤萩瞳さんにとって「egg」はファッションやメイクのこと意外にも、同世代の恋愛の体験談など、バイブル的なものであったんだよ。

そんな「egg」は2014年5月で休刊となっています。

eggの休刊niとてもショックを受けた赤荻瞳さんに、チャンスは突然やってきました!

2017年末、元々所属していた広告制作会社の社長から「復刊させる」という話を聞いたとき、

「私に編集長をやらせてください」と自ら立候補をしました。

その時に「21歳だからこそ、リアルなギャル事情が分かります!」

とアピールし、その熱意を買ってもらい、

2018年3月の「web egg」創刊と同時に編集長になりました((株)MRAも同時に設立)。

egg出典元:PRTIMES

赤荻瞳さんが立ち上げた新生eggは、eggファンはもちろん、egg世代にも大きな反響を呼びました。

発行部数は非公開ですが万単位。いつも発売後1週間くらいで完売になっています。

1人のギャルのシンデレラストーリーです。赤荻瞳さんのギャル愛は無限大ですね。

スポンサーリンク