浜崎あゆみの声が変わった3つの理由!声に合わせて歌い方も変えている?

平成の歌姫こと「浜崎あゆみ」さん、つい最近緊急搬送の報道があり心配していましたが、

FNS歌謡祭で元気な姿が見れて、ホッとしました。

しかし、浜崎あゆみさんが歌い出した瞬間、あれっ?!あゆってこんな声だっけ?

と思った人も多く話題になりました。

なぜ声が変わったのか、3つ理由が考えられます。

歌い方も変わったと騒がれていましたが実際のところはどうなのか、見ていきましょう。

スポンサーリンク

浜崎あゆみの声が変わった3つの理由!

浜崎あゆみさんはFNS音楽歌謡祭で、ユーミンさんの「春よ、来い」を披露してます。

しかしそこで歌ってた浜崎あゆみさんの声は、私が知っている浜崎あゆみさんの声と全く違う声でした。


そこで考えられる、浜崎あゆみさんの声が変わった理由が3つあるので、紹介していきます。

浜崎あゆみの声が変わった理由①:モノマネをしていた

最初に思ったのは、まさか浜崎あゆみさんはユーミンさんのモノマネをしていた?と言うことです。

浜崎あゆみさん的に、ユーミンさんに似せるために実は声を変えてモノマネをしていたかもしれません。

しかし、2曲目の「No way to say」は、ご自身の曲であるにもかかわらず、

やはり声はいつもと違っていました。この線は低そうです。

浜崎あゆみの声が変わった理由②:加齢

現在浜崎あゆみさんは43歳です。

全盛期だった20代前半から、既に20年近く歳月が経っています。

顔や外見は若く見せられても、加齢による声の変化は隠せないのではないでしょうか。

浜崎あゆみの声が変わった理由③:病気の後遺症

浜崎あゆみさんは、2008年に内耳性突発性難聴で左耳の聴力を失っています

2017年には、左耳をサポートしてくれていた右耳の聴力が激しく衰退していると医師から告げられています。

この状態で、今まで出していた自分の声を維持することは、とても大変だと思います。

体調の変化などもあり、いつもとまったく違った声が出ていたということも、あり得ますね。

浜崎あゆみは声に合わせて歌い方も変えている?

浜崎あゆみさんの歌い方まで変わってしまっていました。それは何故なのか・・・

声が変わったことに関係しているのでしょうか?

もし浜崎あゆみさんが、ユーミンさんのモノマネをしていたなら、

ユーミンさんを意識して声も歌い方も変えていたかもしれませんね!!

またもう1つ考えられるのは、呼吸法が普段と違うためです。

足の手術から間も無く、車椅子に乗って着席の状態で歌っていました

浜崎あゆみの声が変わった3つの理由!声に合わせて歌い方も変えている?
出典元:Twitter

それによって立って歌うのと、座って歌うのでは呼吸法も異なってくるので本来の歌い方と違った可能性もありますね。

浜崎あゆみの声に対してSNSの声まとめ

浜崎あゆみさん、アナフィラシーショックや手術からのあまりに復帰に、

身体のことが心配です。

ましてや、声までもがびっくりするくらい変わってしまっていたので、SNSでもいろいろとツイートされていました。


いずれにしても、まだ全快の状態ではないと思うので、無理しない程度で頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!