宮浦健人のwikiプロフィール!高校時代のバレー秘話や戦績を紹介!

アイキャッチ画像

日本の男子バレーボールが盛り上がっていますね!

次のパリ五輪に向けて、若手選手の活躍が連日注目されています。

この記事では、今まで優秀な成績を挙げ今後とても期待されている、宮浦健人選手についてお届けします。

  • 宮浦健人選手のwikiプロフィール
  • 宮浦健人選手の高校時代のバレー秘話
  • 宮浦健人選手のバレーの戦績

上記の3つについて、詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

宮浦健人選手のwikiプロフィール

画像2
出典元:Youtube

□タイトル

名前:宮浦健人(みやうら けんと)

生年月日:1999年2月22日

年齢:22歳

身長:190cm

体重:86kg

出身地:熊本県荒尾市

最高到達点:340cm

ポジション:オポジット

 

宮浦健人選手がバレーボールを始めたきっかけは、ご両親とお兄さんがバレーをしていたからです。

母親のママさんバレーについて行ったり、兄が小学校のバレークラブにいたため体験練習をしているうちにバレーの楽しさを覚えました。

もともとスポーツが大好きだった、宮浦健人選手はバレーにのめり込んで行きました。

そんな宮浦健人選手の、高校時代のバレー秘話や、戦績について見ていきましょう。

スポンサーリンク

宮浦健人選手の高校時代のバレー秘話

宮浦健人選手の出身高校は、熊本市にあるバレーの名門「鎮西高校」です。

高校3年間の中でのバレー秘話について紹介していきます。

高校時代のバレー秘話①:怪我

宮浦健人選手は高校1年生の時に、怪我に苦しみました。

その結果、腰椎分離症になり、チームからの離脱を余儀なくされてしまいました。

そのため1年生時代は、自分の思い通りのバレーができなく、とても辛い1年であったそうです。

高校時代のバレー秘話②:もう辞めたい?

画像5
出典元:AFLO SPORT

高校2年生になりエースを任されましたが、自分の実力不足でチームに迷惑をかけることが多かったそうです。

伸び悩む時期が続き「もう辞めたい」と口に出して泣いてしまうほど追い込まれていました。

しかし、その悔しさをバネに練習に励み、2年時の春高では準優勝を勝ち取っています。

高校時代のバレー秘話③:熊本地震

しかしそんな矢先、熊本地震が発生しました。

体育館や校舎は損壊し練習が再開できたのは、発生から1か月経った頃でした。

他県まで体育館を借りたり、学校の運動場で作った『砂場のコート』で練習したりしたものの練習不足で、結果はいいものではありませんでした。


高校時代の3年間、宮浦健人選手にとってはとても濃い3年間だったと思います。

しかし、この時期にメンタル面でもかなり鍛えられ、今に繋がっているのではないでしょうか。

宮浦健人選手のバレーの戦績

宮浦健人選手の今までの試合の戦績が、とても優秀です!

高校時代からその活躍が、飛躍しています。

  • U-18 全日本ユースアジア選手権 優勝・MVP
  • U-18 全日本ユース世界選手権  3位

から始まり、大学に入ってからの大会の優勝回数の多さに驚きました!

2016年1月 第68回 春の高校バレー 準優勝
2017年12月 全日本バレーボール大学選手権大会 優勝
2018年12月 全日本バレーボール大学選手権大会 優勝
2019年12月 全日本バレーボール大学選手権大会 優勝
2020年12月 全日本バレーボール大学選手権大会 優勝

今後は五輪やアジア選手権などでも、どんどん活躍して戦績を増やして言って欲しいですね。

宮浦健人選手についてお届けしました。

これから日本男子バレーを盛り上げる1人になること、間違い無いですね^^


スポンサーリンク