駒井蓮・慶應大学は推薦入学?成績優秀で勉強法がスゴい!学歴まとめ!

駒井蓮さん、とても爽やかで高感度の高い女優さんですね。

実は成績も優秀、才女の一面も持っていました。

NHK高校講座に出演するなど、勉強好きで成績もかなり良かったそうですよ!

この記事では、駒井蓮さんの学歴についてお届けしていきます。

出身の中学・高校・大学とみていきましょう〜!

スポンサーリンク

駒井蓮の学歴まとめ!

駒井蓮さんの出身中学・高校・大学はこちらです。

  • 中学校:弘前大学教育学部附属中学校
  • 高校:日出高校
  • 大学:慶應義塾大学文学部

 

中学までは、出身の青森県の学校でしたが、高校入学を期に上京しています。


それでは駒井蓮さんの学校・学生時代についてみていきましょう!

中学:「弘前大学教育学部附属中学校」

駒井蓮さん、出身は青森県平川氏です。

中学は、青森県内の弘前大学教育学部附属中学校でした。

小学校からの進学校で、本来ならばこのまま高校へ進級していくはずでしたが・・・・

駒井蓮さんは、中学1年生の時に家族旅行で東京に行った時、スカウトを受け高校進学と同時に上京することを決めたんだよ!

高校:「日出高校」

次に駒井蓮さんの高校時代です。

出身校は、日出高校(現:目黒日本大学高校)

芸能人御用達の高校ですね。


偏差値は42と敷居は高くありません、まさしく芸能活動を本格的に行っていくために選んだと言えるでしょう。

駒井蓮さんは、高校生活はとても充実していた様です^^

この3年間
沢山大好きな仲間が出来ました。
そして素敵な先生たちにも出会えました。
テストもちょこちょこ頑張ったし笑
高校生活でやれることはやった気がする!!

引用:アメブロ

芸能人として、JKとてとても楽しかった様子が伝わってきます!

大学:慶應義塾大学文学部

日本を代表する偏差値の高い大学、慶應義塾大学。

駒井蓮さんが在籍する文学部の偏差値は「76」

中高の学校の偏差値からいくと、かなり飛躍ましたね。

なので、慶應大学入学は推薦入試ではないかとの噂も・・・・

駒井蓮・慶應大学は推薦入学の噂は?

駒井蓮さんを検索していくと、

「大学は推薦?」という噂がチラホラ〜


推薦入試で入学したのではないか?と疑問に思っている方も多い様でした。

結果から言うと、推薦だったか一般入試であったかは明かされていません

しかし、駒井蓮さんの成績や勉強に対する姿勢を見ると、推薦入学ではないと私は思います。

駒井蓮さんの勉強法は斬新で、やっぱり頭脳明晰なんだなぁ〜と感じました。

駒井蓮は成績優秀だった

駒井蓮さんの成績優秀な理由は、

「両親の職業が先生」であることも少なからず、関係していると思います^^

ちなみに親戚の職業は、「先生」と「農家」しかいないそうです!


勉強は小さい子とろから、駒井蓮さんにとっては普通に生活の中にあったのではないでしょうか。
駒井蓮さんのモットーは定期テストで「1位をとる」ことでしたw

なかなかこの目標は立てられないですよね〜

1位を狙いにいける程の学力の高さであったことが伺えます。

駒井蓮の勉強方法がスゴい!

駒井蓮さんの勉強方法は、かなり体育会系で斬新でした。

ポイントは、

  1. 寝る間も惜しむ
  2. 負けず嫌いな性格

でした。
もともと勉強が好きだった駒井蓮さん。


特に英語や、外国の文化に触れることがとても楽しかったそうです。

なので、勉強時間はみっちりかなり集中して日々勉強をしていらっしゃいました。

中学のときとか、睡眠時間を削って。面白いと思うと、自分でどんどん学びたくなるので」。

引用:hustlepress

慶應大学への受験勉強についてインタビューで聞かれた際に、

特に受験に向けての勉強は、していなかったとのことでした。

日々のテストを頑張っていたからかなと。毎日やっていたわけじゃないですけど、定期テストがあると「1位を取りたい!」とめちゃくちゃ勉強しました。負けず嫌いなので。それを3年間続けていたのが力になったのかなと思います。
引用:hustlepress

スゴいです!日々のコツコツと負けず嫌いな性格で、慶應大学入学とは・・・・・。

勉強にまつわる、こんなストーリーもありました。

高校生のときに、テスト期間と撮影が重なったことがあって、全然勉強する時間がありませんでした。
授業も休んでいたのでノートも取っていなくて。
それで、テストの前日に友達からノートを貸してもらって、当日の朝3時に起きて丸暗記していきました。意地で。
生物のテストだったのですが、必死に覚えて、点数もよかったんです。
引用:bizspa

駒井蓮さん、これからどんな活躍をしていくか楽しみですね!

知識が豊富だと思うので、クイズ番組でも活躍できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ホーム

お問い合わせフォーム

プロフィール

サイトマップ

カテゴリー

error: Content is protected !!