山上徹也の家族構成!生い立ち時系列まとめ!父親と兄は他界していた

山上徹也容疑者の逮捕から数日が経ち、山上容疑者の杜撰な家庭環境が次々に明らかになっています。

母親がきっかけで家庭は、とても歪んでいました。

この記事では、山上容疑者が育った家族についてお届けしていきます。

スポンサーリンク

山上徹也の家族構成!

山上徹也容疑者の家族構成はこちらです。

父親 名前不明(他界)
母親 名前不明
長男 名前不明(他界)
次男 徹也容疑者
名前不明

3人兄弟の真ん中だった山上容疑者。

さらに家族を詳しくみていきましょう。

父親

山上容疑者の父親は、京大を卒業し1970年代末に奈良に本社を置く建設会社に入社。

その前後に社長の娘(山上容疑者に母親)と入籍しています。

3人の子供をもうけましたが、山上容疑者の母親は『朝起(あさおき)会』という宗教にはまってしまいました。

宗教にのめり込んだ妻に対し、山上容疑者の父親はノイローゼになり38年前、つまり山上容疑者が3〜4歳の頃に自ら命を絶っています

最後は近くのマンションから飛び降りて自殺しはってね、それは近隣で話題になりましたわ。
引用:yahoo

父親が亡くなったのは山上容疑者が3~4歳のときだから、父親の記憶はほぼないのではないでしょうか。

母親

山上容疑者の母親は1998年頃から世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の会員です。

そして統一教会の田中会長から、山上容疑者の母親の破綻が明かされました。

「山上容疑者の母親が2002年頃に経済的に破綻していたことは事実」

山上容疑者の母親が2002年頃に経済的に破綻していた

引用:yomiuri

山上容疑者は母親の破綻の理由を、母親が多額の献金と伝えています。

母親はどんな人なのか、こちらをご覧ください。

山上容疑者のお兄さんが、病気持ちだったことは既に報道でも伝えられています。

1つ上の山上容疑者に兄は小児がんを患っていました

手術をしていましたが片目は失明しており、普段の生活も困難だったそうです。

お兄さんは自分で食事を作ることもできなかったので、ほぼ寝たきりの状態だったのかもしれませんね。

「徹也の兄は小児がんを患っていて、手術もしています。片目も失明しており、普段の生活にも苦労していました」
引用:dailyshincho

山上容疑者のお兄さんは、今から5〜6年前にご自身で命を絶たれたと報道されています。

妹さんについては、情報を確認できませんでした。

山上容疑者が逮捕された現在、妹さんが1番辛い立場にいると思います。

それでは、時系列で山上容疑者の生い立ちをみていきましょう。

山上容疑者の親族については、こちらをご覧ください。

山上徹也の生い立ち時系列まとめ

時期 出来事
幼少期
  • 母親は『朝起(あさおき)会』入会
  • 父親 他界
小学校時代
  • 母方の祖父の家へ引っ越し
高校時代
  • 1998年頃 母親『統一教会』の正会員
  • 1999年 奈良県内有数の進学校である県立高校卒業
2003~05年
  • 海上自衛隊に所属
2016~2017年
  • 兄 他界
2020年10月~2022年5月
  • 京都府内の工場で派遣社員

学業が優秀だった山上容疑者、本来であれば大学に進学したかったのではないでしょうか。

出身高校は「奈良県立郡山高等学校(偏差値68)」ではないかと、言われています。

しかし山上容疑者が高校生の時に統一教会に入信しているので、そこから家計が破綻していきました。そのため進学できなかったのではないでしょうか。

現に2002年に、母親が破綻しています。

山上容疑者の祖父は建設会社を経営していたので、その甲斐あって高校生入学あたりまでは祖父の支えを受け、不自由はなかった様です。

おじいちゃんが建設会社を営んでいたため、比較的裕福だったようです
引用:friday

祖父の他界は山上容疑者の高校卒業あたりと言われています。それからは生活が目に見て杜撰な状態になったそうです。

また新情報が入りましたら、追記していきます。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!