氷川きよしが休業する本当の理由は3つ!工事や事務所との確執はガセ?

氷川きよしさんの紅白出場が決定しました。

それと同時に、休業も刻一刻と近づいてきていますね。

休業期間は公表されていなく、理由もリフレッシュとざっくりです。

この記事では、氷川きよしさんが休業する本当の理由に迫ってみました。

噂されている工事や事務所との確執についても、調査をしています!

スポンサーリンク

氷川きよしが休業する本当の理由は3つ!

氷川きよしさんが2023年から活動を休止することを発表しました。

活動休止の理由についても記した。「2000年2月2日にシングル『箱根八里の半次郎』でデビューして以来、22年間歌い続け、走り続けて参りました。ここで一旦お休みをいただき、自分を見つめなおし、リフレッシュする時間をつくりたいという本人の意向を尊重しこの様な決断に至りました」。活動休止期間は決まっていないという。
引用:chunichi

活動を休止するにあたり、リフレッシュする時間をつくりたいとのことでした。

このリフレッシュにはどの様な意味合いを含むのでしょうか。詳しくみていきましょう。

理由①:海外進出

氷川きよしさんはひそかに英語の勉強もしていると言われています。

今年の夏くらいから、インスタグラムにて英語での投稿が見受けられる様になりました。

海外での活動はわからないけど、ジェンダーに理解のある海外に移住も視野に入れているかもね。


海外に拠点を構え今後は行き来しながら、活動される可能性もあり得るのではないでしょうか。

理由②:心の整理

ここ数年で、氷川きよしさんの大切な方々がお亡くなりになられています。

  • 志村けんさん
  • 愛犬ココアちゃん
  • 作詞家なかにし礼さん

氷川きよし画像9出典元:brutus

デビューから22年間走り続けていた氷川さん、なかなか現実とゆっくり向き合える時間がなかったと思います。

ゆっくりと心の整理をする時間も、必要だと思います。

理由③:方針探しのため

氷川さんはジェンダーのカミングアウトをするにあたり、とても悩んだでしょう。

長年のファンだった方からすると、とても重大な発表です。

最近では演歌以外に、ロックやアニソンに力を入れていました。

氷川きよし画像7出典元:excite

今後の方向性についても、ご本人の中で葛藤が生じているのは少なからずあるのではないでしょうか。

1度リフレッシュ期間を設けることにより、氷川さんもゆっくり自身と向き合い今後の活動の方向性を見出すと思います。

氷川きよしの工事や事務所との確執について

氷川きよしさんの工事や事務所との確執について、みていきましょう!

工事疑惑

氷川きよしさんが休業発表後、性転換手術など体の工事が疑われています。

これについてはとてもセンシティブな事であり、例え工事をしてもご本人からそのことに触れることはないと思います。

氷川きよし画像5出典元:columbia

個人的には、氷川さんがより綺麗に堂々とできるのであれば、工事は決して非難されることではないと考えます。

事務所との確執はない!

氷川きよしさんの休業について、事務所との確執が原因ではないか?

と言われていましたが、これについて氷川きよしさんは否定のコメントをしています。

色々と報道されておりますが、事務所との確執などが原因ではなく
引用:hochi.news

事務所側も氷川さんのリフレッシュ休業を受け入れていれ対応しているので、噂されている様なトラブルは考えにくいのではないでしょうか。

氷川きよしの休業期間予想

氷川きよしさんは休業期間について明かしていません。

無期限と発表されていますが、どのくらいの休業になるのかざっくりですが予想してみました。

休業期間予想①:引退に向けてフェードアウト

密かに囁かれている引退説。

引退説は完全に否定と言えます。

ファンをとても大切にしている氷川きよしさん。

もし引退が過ぎっているなら、この休業は考えにくいですよね。

あくまでリフレッシュ休業と言っているので、フェードアウトはないでしょう!

休業予想②:それほど長くない

もしかしたら、休業は1年以内かもしれません。

氷川きよし画像4出典元:hominis

なぜなら、氷川さんは既に休業後に歌うイメージを持っているからです。

「復帰時期も未定なのに、休暇後にはどんな楽曲を歌おうって今から考えてしまうんです。涙も汗も喜びもすべて詰まった、もっとも大変でもっとも楽しい仕事がコンサートなので。お休み明けも、声の続く限り歌っていきますよ!」
引用:nicovideo

以上、氷川きよしさんの休業についてお伝えしました。

私は今の氷川さんがとても好きです。復帰後の活躍が今からとても楽しみです^^

こちらもどうぞ、ご覧ください。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!