伊藤洋輝の高校は通信制!ユース時代からサッカーのエリートだった!

日本代表として活躍している「伊藤洋輝」選手。

現在23歳の伊藤選手、実はサッカーのエリートと言って過言ではないでしょう!

高校は通信制に通い、ユース時代もサッカーに明け暮れていました。

この記事では伊藤選手の高校生活について、お届けしていきます。

スポンサーリンク

伊藤洋輝の高校は通信制!

伊藤選手の高校について、紹介していきます。

出身校は第一学院高等学校

伊藤選手は「第一学院高等学校」出身です。

第一学院高等学校って、どんな高校なの?

全国に54キャンパス(2022年4月時点)を展開する通信制・単位制高等学校です。
スポーツや芸能活動等の夢の実現と学業の両立を目指す生徒が在籍。
引用:daiichigakuin

W杯の日本代表として選ばれた「山根視来」選手や、「久保建英」選手も、第一学院高等学校の卒業生でした。

高校3年生の時に転校してた

伊藤選手は中学校卒業後は「磐田東高等学校」に進学しています。

しかし高校3年生の時に第一学院高等学校へ転校しました。

転校の理由は2017年年5月に、磐田U-18に所属しながらトップチームと契約をしたため、サーカーに時間を費やすため通信制の学校に移っています。

ちなみに2年間担任を務めた山本教諭曰く、伊藤選手はサッカーだけではなく勉強も優秀だったそうですよ^^

「サッカー中心の生活にならず、勉強も頑張っていました」。海外遠征などから帰ってきた直後のテストでも常に学年で20位以内だったという。
引用:nikkansports

伊藤選手、さすがですね!学校1モテていたのではないでしょうか。

伊藤洋輝のユース時代からエリートだった!

4歳からサッカーを始めた伊藤選手。

中学校から既に選ばれし選手でありました。

  • 中学からジュビロ磐田の下部組織でプレー開始
  • 16歳で年代別代表に選ばれる
  • 18歳でトップチーム入り
  • 2019年にはU-20W杯(ポーランド)に出場

188cmという長身と精度の高い左足のキックが最大の武器ですね!

そんな伊藤選手にサッカーを教えたのは、日系ブラジル人の安光マリオさんでした。

マリオさんは、伊藤選手が3歳から小学4年までフットサルを教えた師匠です。

伊藤洋輝・マリオ師匠画像出典元:newsdig

とても華やかしい、ユース時代を過ごした伊藤選手、でもその裏には高い意識や練習量があったからでしょう。

小さなころから『プロになりたい』と練習は午後6時から始まるが、午後4時半から来ていた。
引用:newsdig

プロとなった今、今後の活躍が大いに楽しみですね!

伊藤洋輝の学歴まとめ

最後にい伊藤洋輝選手の学歴をまとめました。

静岡県浜松市東区出身の伊藤選手、小中学生時代は地元の学校へ通っています。

小学校は「浜松市立蒲」

伊藤選手は「浜松市立蒲小学校」出身です。

4歳から浜松市にある「マリオフットサルスクール」に通い始めまています。

伊藤博樹小学校時代画像出典元:at-s.com

そして小学3年の終わりにブラジルに10日間サッカー留学をしました。

小学5年で地元の蒲サッカースポーツ少年団に移ると、県内でも目立つ存在となり磐田市の教室とスクールを掛け持ちでし。。

中学校は「浜松市立丸塚」

伊藤選手は「浜松市立丸塚中学校」出身です。

伊藤洋輝中学校時代画像出典元:jubilo-iwata

この中学校は数々のサッカー選手の母校でもあります!

スポーツコメンテーターとしてお馴染みの武田修宏さんも、母校は丸塚中学校で伊藤選手は後輩です。

以上、伊藤洋輝選手の学生時代についてお伝えしました。

こちらもどうぞ、ご覧ください。

【比較画像】本田圭佑の目は大丈夫?バセドウ病の悪化?顔つきも変わった!

スポンサーリンク
error: Content is protected !!